2013年03月01日

損か得かでつきあうと、相手は遠ざかる

 J・S・ミルの言葉だ。
「幸福を得る唯一の方法は、幸福を人生の目的とせず、幸福以外の何かを目的とすることである」
幸せになりたい、と思うのは当然のことだ。しかし、幸せになるためにあれをしよう、これをしようと、幸せを貪欲に求め始めると、道がずれてくるかもしれない。自分の幸せのために何かを利用するという姿勢になってくる可能性があるからだ。

 実際、自分の幸せを追い求めて他人を利用し、事件にまで発展してしまうケースは、新開の社会面を賑わせている。けれども、幸せを得るのが目的ではなく、何かの目的を達成するために懸命になっていたら、結果的に幸せを感じられるケースもある。これが本当の幸せである。

 大リーグでノーヒット・ノーランを二度達成した野茂投手は、あくまでチームの勝利のために投げ、ノーヒット・ノーランを目的とはしていなかったという。
「信じてもらえないかもしれないけど・・・」とインタビューで答えていたが、ノーヒット・ノーランを目的として意識していなかったからこそ、偉業が達成できたのだろう。これは、出会いにも同じことがいえる。
「出会いを得る唯一の方法は、出会いを目的とせず、出会い以外の何かを目的とすることである」

 私にも人生を変える出会いがあった。しかし、「自分の人生をがらりと変えてくれる人に出会いたい」と思っていたわけではない。「この人が私の人生を変えてくれる人か、これがその出会いか」と虎視たんたんとしていたわけでもない。ただ、自分の仕事を懸命にやっていたときに出会い、その人を好きになり、その人との関係を大切にしていたら、自然と自分の人生も変わってきたのである。

 そのためにも、自分が打ち込めるものを第一の目的として活動するのがよい。また、そうでなければ長くは続かない。まず、目的を達成するために邁進すること。その過程で、人生を変えるような出会いがあるはずである。

いろいろなサプリについて
posted by arika at 15:53| 彼女作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。